ご質問と答え

あなたへ。

タロット&算命学の占術家(miyazaki・miyuu)

タロット鑑定をしていた頃に算命学と出合う。
算命学の中国占星術を野島和信先生の伝習院で基礎から学び〜研究科修得。

<算命学とは 〜その歴史〜>
「算命学」のルーツは4千年前に確立された「陰陽学」や「五行説」がベースになっています。
老子を祖とする“道教”の中の“神仙思想”が土台となって形成されたものです。
算命学は別名「帝王学」とも呼ばれています。
「帝王学」とも呼ばれることから、政治・軍略の戦術として活用されてきました。
古代中国では儒教や道教など、多くの思想、哲学が生まれ、その根底となっている自然科学、万象学をベースとした人間学を称するものです。人間の生き方として 一番良いのは「自然に逆らわず、自然のまま生きる」という考え方です。

占術は陰陽五行説を基に、応用したのがおよそ2,300年前の戦国時代に 生きた「鬼谷子(きこくし)」です。乱世の世を生き抜くために、算命学を 軍略に活用し、相手の性格や動向を探るという軍略の書を残したものです。 これを二人の弟子により継承され、後に算命学は古代中国王家の帝王学として 尊重され、処世術や軍略、そして政治にも用いられ、長い間、門外不出の秘伝と されてきました。その一部が算命学占星術として、今日では人生鑑定に活用されています。

<算命学とは 〜その考え〜>
この世に生を受けるということは偶然ではなく必然。 その基になる考え方は、「人間は自然の一部」であるということです。 人は皆自然の一部で、それぞれの役目を持って生まれてくるということです。
この世に生を受けるということは偶然ではなく必然であるということです。 「生まれる日」と書いて「星」という字になります。誕生した日にそれぞれの 役目である「星」という宿命を背負って生まれてくるのです。 これだけの歴史の上に成り立つ算命学は単に「当たる、当たらない」のレベルで 話される学問ではありません。
「なぜこうなるんだろう?」と考えることが大切です。人は皆同じではありません。自分を知ること、つまり「宿命・運命」を知る ことはそれだけで生きやすい道が開けていくということです。

<算命学〜その役立て方〜>
年と月と日の干支を出して、詳しく人の運勢を占います。 現時点でのあなたの運勢を知る事で、この先に待つ幸せや困難を見極め、 必要であれば運勢を変える努力をするきっかけにもなります。 恋愛、結婚のみならず人間関係、仕事、健康、財運ほかエネルギーの強弱、 本人の性格や特徴など、誕生日から算出された星から読みとることができます。